料金について|SGS分析で分かる有害物質の危険性【製品チェックは徹底的に!】

SGS分析にかかる料金形態を紹介

料金について

科学

低料金でできるもの

カドミニウム、鉛、水銀は2PPMで5900円から依頼することが可能になっています。他にも、六価クロムや総クロムは同じ量で7500円から検査をすることが可能になっているので、比較的手が届きやすい価格と言えるでしょう。

高額になる場合

4物質まとめて分析するなら15800円、6物質を一緒に分析するのであれば、21000円となります。また、臭素系離燃剤は5PPMで21000円の料金が発生します。ですので、量が多い場合はセットで依頼した方がコストダウンができるでしょう。

検査にかけられる成分5選

no.1

鉛は1位

鉛はパソコンの電磁波防止のアイテムや釣りの重り、水道管にも含まれています。それが一定の量を超えてしまうと疲労感や便秘、重度になると脳の損傷による脳症なども引き起こしてしまうことから1位に入っていると言えるでしょう。

no.2

水銀が体内に危険を及ぼす

水銀の影響はたくさんありますが、その中でも有名なのが、退治が奇形になって生まれてくる水俣病という事例があります。ですが、水銀体温計レベルの量では体に害を及ぼす危険性は少ないとされていますが、念のために検査をされているのです。

no.3

六価クロムに注意

こちらは、人間の皮膚や粘膜についてしまうと皮膚炎や腫瘍になる可能性が高くなっています。他にも、鼻中隔穿孔や消化器系のガンの原因になる恐れがあることから、よく調べられていると言っても過言ではないでしょう。

no.4

総クロムの全貌

六価クロムは、目や鼻の痛みから始まり、軽度になると嘔吐や下痢という症状が現れます。そして、量が増えるに連れて肺炎や腎臓機能障害が現れるので、そうならないようにするためにも、リサーチをする企業が増えているのです。

no.5

聞きなれない物質

カドミウムは自動車部品を作る工場などの現場で検出されている成分のことを言います。現代ではあまり用いられていませんが、カドミウムは人体に健康被害をもたらしてしまう恐れもあります。

異変を感じたらすぐに検査へ

上記のように初期症状が軽いものが多々あるので、悪化して取り返しが付かなくなってしまう前に、SGS分析を依頼して安全に利用者に使ってもらえるようにするといいでしょう。そうすることによって、信頼を獲得することができるのです。

広告募集中